fff コスメメイクアップ

【メイクのキホン】目のタイプ別アイシャドウの塗り方〈縦割り横割りグラデ〉とおすすめアイテム

意外と知らない・今更聞けない基本のメイク方法。今回特集するのはアイシャドウです!

今回は、コスメコンシェルジュの私がアイシャドウに関するさまざまなハウツーをお届け。基本の塗り方から横割り・縦割りグラデのやり方まで、さらにおすすめのアイシャドウやヨレ・にじみを防ぐコツなど、盛りだくさんの内容でお届けします。

なんだかアイシャドウがいつも納得のいく仕上がりにならない…とお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

【基本】アイシャドウの塗り方

まずはアイシャドウを塗布する際の基本から見ていきましょう。

指・チップ・ブラシによる仕上がりの違いは?

アイシャドウを塗るツールは、主に指・チップ・ブラシ。
それぞれにメリット・デメリットがありますので、あらかじめ理解しておくと理想の仕上がりが叶います。

★指 

手軽なのが何よりのメリット。色がしっかり・はっきり乗りやすい。仕上がりを調節しやすいので、指の腹を使えばアイシャドウをある程度広範囲に伸ばすときにも活躍する。

ただし指のサイズよりも狭い範囲の繊細なニュアンスを調整するのは難しいこともあるので、細かすぎる範囲には使わない方がベター。

★チップ

指と同様、色がしっかり乗りやすい。グラデーションを作りにくいので、例えばアイラインを引くときのようにはっきりと乗せたいときにおすすめ。

★ブラシ

ぼかしやグラデーションを作りやすい。指やチップよりも色が淡く出やすいので、絶妙なニュアンスを表現できる。2色以上をブレンドして、オリジナルのカラーを作るときにも必須。

サイズによって得意な仕上がりが異なるので、ニーズに合わせて複数用意すると◎。たとえばアイホールにハイライトカラーをふんわり乗せたいなら、大きめの柔らかなブラシ。目の際に締め色を仕込むなら、穂先の小さなある程度硬めのブラシがおすすめ。

miyuki
続いて以下では、基本となる横割り・縦割りのテクニックをレクチャーします。

横割りグラデのHOW TO

まぶたを横に区切ってカラーを重ねていく横割りグラデ。目の際が濃く、眉に近づくにつれて淡くなるベーシックなパターンです。

ナチュラルに仕上がるので、初心者さんはまずこちらからチャレンジしてみてはいかがでしょう。目の丸みを強調しやすいため、クールよりもキュートな印象に。

①ハイライトカラーをまぶた全体に乗せる。指もしくは穂先の大きいブラシがおすすめ

②ミディアムカラー(メインカラー)を乗せる。斜めカットのアイシャドウブラシがおすすめ

ミディアムカラーを入れる位置
【二重・奥二重】二重幅からややはみ出る程度
【一重】目を開けたときにカラーが見える程度

③ダークカラー(締め色)をアイラインのように入れたら完成。細めのチップやブラシがおすすめ

縦割りグラデのHOW TO

まぶたを縦に区切ってグラデーションを作っていく縦割りグラデは、骨格を強調できるのが特徴。目の横幅を広げて見せやすく、奥行きを出しやすいためモードな雰囲気にも。メイク感が出るので、きちんとしたシーンにもおすすめです。

①ハイライトカラーをまぶた全体に乗せる。指もしくは穂先の大きいブラシがおすすめ

②ダークカラー(締め色)を、目幅からややはみ出すように目尻側へ乗せる。チップもしくは指がおすすめ

miyuki
一重の方は、目を開けたときに色が見える位置までここで特に思いきって入れてみて!ドラマティックな目もとに仕上がりますよ♪

③ミディアムカラーをまぶた中央~目尻にかけて乗せ、①と②との境目をぼかすようになじませたら完成。ブラシがおすすめ

奥二重の私が試すとこんな仕上がりに

同じアイシャドウで、横割り・縦割りを試してみました。先の説明通り、印象が少し違って見えるのがわかりますか?

横割りだと丸みが強調され、縦割りだと目の幅が広がって見えますよね。気分やファッションに合わせて使い分けてみてください♪

初心者OK!グラデーションを作りやすいおすすめのアイシャドウ

メイク初心者の方やアイメイクに自信のない方は、使うアイシャドウを変えてみるのも一手。単色タイプよりも、あらかじめグラデーションを作りやすい色がセットされているパレットタイプがおすすめです。

miyuki
どうしても濃くなってしまう、うまくグラデーションが作れない…そんな方にもぜひおすすめしたいアイシャドウを3つご紹介します。

エクセル スキニーリッチシャドウ

全7色/1,500円 (税別)

出典:エクセル公式

肌なじみの良いブラウン系が豊富なエクセルの定番アイシャドウは、メイク初心者さんにもおすすめ。色選びに迷ったら、イエベにはSR01 ベージュブラウン・ブルべにはSR03 ロイヤルブラウンがイチオシです。

▶スキニーリッチシャドウの詳細はこちら

キャンメイク パーフェクトスタイリストアイズ

全8色/780円 (税別)

出典:キャンメイク公式

ベーシックなカラーも、遊び心あるカラーも楽しみたい!そんなあなたには、最近リニューアルしたキャンメイクの「パーフェクトスタイリストアイズ」がおすすめ。メインカラーが2つ入っているので、使い方で2通りのスタイルを楽しめます。初心者でも迷わない使いやすさと、プチプラ価格も魅力的!

▶パーフェクトスタイリストアイズの詳細はこちら

マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズS

全5色/2,800円 (税別)

出典:マキアージュ公式

資生堂独自の研究によって、瞳の色に合わせて選べる「運命のブラウン」シリーズのアイシャドウ。いくつかある中でもこの「ドラマティックスタイリングアイズS」は、境目のないグラデカラーが特徴です。

クリームベースから順に重ねていけば、テクニックフリーで上品なまなざしに。アイシャドウに苦手意識のある方でも、簡単にプロ仕上げのまぶたが手に入ります。パーソナルカラーで選べるバリエーションも必見です!

▶ドラマティックスタイリングアイズSの詳細はこちら

メイクを格上げ!おすすめのアイシャドウブラシ2選

アイシャドウは、グラデーションをきれいにつくれるかどうかで仕上がりの美しさに差がつきます。ブラシを使えば境目がきれいになじみ、簡単にワンランク上の仕上がりに。目の際や下まぶたなどの、細かい部分にも欠かせません。

おすすめのブラシが手に入るブランドをご紹介しますので、持っていない方やしばらく新調していない方はぜひチェックしてみてください♪

Visee Avant(ヴィセ アヴァン)

900円(税別)~

出典:コーセー公式

プチプラのアイシャドウブラシをお探しならヴィセアヴァンがおすすめ。

01(馬毛)はアイホールに、02(馬毛)はメインカラー~グラデーションづくりに、03(ヤギ毛・人工毛)は目の際用に。3本あれば、一通りのアイメイクには困りません。(画像右(04)はフェイスパウダー用)

▶ヴィセ アヴァン公式HPはこちら

ARTISAN&ARTIST*(アルティザン・アンド・アーティスト)

2,900円(税別)~

出典:ARTISAN&ARTIST*公式

品質にこだわる方には、ポーチなども人気のARTISAN&ARTIST*(アルティザン・アンド・アーティスト)のブラシをおすすめします。広島・熊野の職人によってつくられるブラシは、どれもプロが認めるクオリティ。

中でもイチオシなのが、ショートグリップシリーズの「アングル(型番:7WM-PFM04)」。斜めカットなのでまぶたへしっかりフィットし、断面を使えばよりシャープなラインを引くこともできます。

▶ARTISAN&ARTIST*公式HPはこちら

アイシャドウのヨレを防ぐ方法&おすすめアイテム

せっかくきれいに仕上げたアイシャドウ、できればずっと美しい状態をキープしたいですよね。最後に、アイシャドウのヨレや崩れ、にじみを防ぐ方法やおすすめアイテムをご紹介します。

フェイスパウダーをしっかりつけるのが基本

どんなアイシャドウの前にも、まずはフェイスパウダーをしっかりつけておくのが鉄則!意外と見落としがちな方が多いので、ぜひ明日のメイク時からお試しを。

アイシャドウがヨレる原因は主に肌の皮脂や水分(汗・涙など)。あらかじめパウダーをしっかりつけておくことで、粉がそれらを吸収するため崩れにくさが格段にUPします。

ただ乗せるだけではなく、目の際まできっちりパウダーを乗せましょう。特に下まぶたはにじみやすいので念入りに。細かい部分はパフを折るとやりやすくなります。

それでもヨレるなら、アイシャドウベースを活用して

パウダーを塗布してもヨレが心配な方や、屋外での作業が多い日やメイク直しがなかなかできない日には、アイシャドウベースを駆使して。

ファンデーションの前に下地を使うように、アイシャドウの前にもベースを仕込むことで密着感が上がり、崩れにくくなります。

★おすすめアイシャドウベース
■NARS スマッジプルーフ アイシャドーベース

3,100円 (税別)

出典:NARS公式

さらっとしたテクスチャーで、まぶたをフラットに整えるアイシャドウベース。使いやすいチップタイプで、あらゆる形状のアイシャドウの持ち・発色を高めます。

▶スマッジプルーフ アイシャドーベースの詳細はこちら

まとめ

アイシャドウの塗り方やおすすめのアイテムなどをご紹介してきました。マスク生活が続く中、アイメイクは良くも悪くも大きく顔の印象を左右します。この機会にアイシャドウの使い方を見直して、あなたらしい美人印象をさらに高めてみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ヒカログ最新の話題をお届けします。

FOD トップ

この記事を書いた人

miyuki
記事一覧を見る
miyuki